副鼻腔炎についてのメモ

副鼻腔炎は、なかなか治りませんね。チクナインなんか飲んでも全然でした。そこでお医者さんに処方されたジスロマックを飲んだらあっという間に治りましたね。昔は抗生剤をよく処方されたのですが、最近は、耐性が付くという事であまり処方されません。dも、今更ですよね。散々処方しておいて今更やめても意味あるのか、と思います。

アレルギー性鼻炎とは何ですか?
アレルゲンは、 アレルギー反応を引き起こす、そうでなければ無害な物質である 。 アレルギー性鼻炎、または花粉症は、特定のアレルゲンに対するアレルギー反応である。 花粉は季節性アレルギー性鼻炎の最も一般的なアレルゲンです。 これらは、季節の変化に伴って生じるアレルギー症状です。

鼻詰まり、顔面圧、咳、厚い鼻汁がある場合は、副鼻腔炎と呼ばれる副鼻腔炎があります。

あなたの洞は、あなたの頬骨の中空、あなたの目の周り、そして鼻の後ろにある空洞です。 それらには粘液が含まれています。これは、あなたが呼吸する空気を温め、湿らせ、ろ過するのに役立ちます。 何かが粘液が正常に流出しないようにすると、感染が起こる可能性があります。

急性 副鼻腔炎
急性の副鼻腔炎は、4週間未満持続する副鼻腔炎の症状を指す。 ほとんどの場合、一般的な風邪として始まります。 症状はしばしば1週間から10日以内に消えます。 一部の人々では、細菌感染が発症する。

慢性 副鼻腔炎
慢性副鼻腔炎(慢性副鼻腔炎とも呼ばれる)は、治療にもかかわらず、症状が12週間以上続いたときにしばしば診断される。

アレルギー、喘息および免疫学(AAAAI)のアメリカアカデミーによると、米国の成人のほぼ8%が何らかのアレルギー性鼻炎を経験しています。 全世界の人口の10〜30パーセントにアレルギー性鼻炎もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です